So-net無料ブログ作成

案内猫 [☆雑記帳]

先月、由布院のお宿に一泊した翌日
 
由布院の古刹・佛山寺に行きました。
ここを訪れるのは3回目
前回は火災で本堂を焼失したばかりの
1995年の早春だったので
なんと22年ぶりの訪問です。
 
 昨年の地震での被害からか
つっかえ棒をされた山門を見上げていたら
ニャーニャーと猫の鳴き声がしてくる
 
山門の奥から、にゃあーにゃー
「ようこそ、いらっしゃいました~」と
 佛山寺①.jpg
ゴロゴロ喉を鳴らして
熱烈歓迎[るんるん]
もう、愛くるしいやら、かわいいやら[黒ハート]
ピンクの首輪をしている飼い猫ちゃん

 佛山寺②.jpg
「ハイ、お賽銭はこちらでございますよ」とばかり
ご本堂まで、「案内猫」ちゃんに先導されました。
 
お参りをしていると
 佛山寺③.jpg
すっかりくつろいで身づくろいをはじめ
 
その後
お参りがすんだ頃合いを見図るかのように
観音堂の方向へと案内されている途中
事件が勃発
 
境内の草むらから「案内猫」の様子をうかがっていた
全体的に「案内猫」より黒っぽい
キジトラ柄のゲリラ猫が
突如、匍匐前進し「案内猫」へ攻撃態勢へ・・・
「わー、だめだめ !」と慌てて声を上げたら
気づいた「案内猫」ちゃん
寸でのところで、ゲリラ猫から身をかわし
 境内から一目散に姿を消してしまいました。
 
 この「案内猫」ちゃん、どうやら、「ご本堂」⇒ご本尊のある「観音堂」へと順路を追って寺の案内をしてくれるみたい?です。『佛山寺』に詣でる楽しみを発見[るんるん]

沈黙~掌のクロス [☆映画(Cinema)]

マーティン・スコセッシ監督の「沈黙」
Silence
映画を観てから、もう一週間ほど経つのですが
余韻というよりは、考えさせられることがいまだに多い。
チューリップ.JPG
 ネズミ男・キチジロー「窪塚洋介」は抜群に素晴らしかった。彼の出演作は「ランドリー」が一番好きだったけど、一筋縄ではいかない役どころの巧さ、「ランドリー」のテル役を軽く超えちゃった。そして、重鎮イチゾウの「笈田ヨシ」とモキチの「塚本晋也」の殉教には涙が止まらなかった。
この3人の体当たりの演技、凄かった。

パライソ(天国)に行くことをひたすら願い
懸命に生きていく
貧しい村人たちの信仰心の痛々しさ…。
本を読むよりもリアルに伝わって
涙、また涙・・・涙が溢れてしまった。

辿りついた島に何匹もの「猫」
 まるで「猫島」、これ監督の茶目っ気??ってシーンがあった。
長崎の猫は、尾曲りや短いしっぽ猫が多いのに、ずらりと揃った可愛い台湾の猫ちゃんたちを見て、つい笑っちゃった。

 篠田正浩監督の「沈黙」も観たけど、キチジローが手にした金子(銀)の気になる行方が、丸山花街辺りで遊んで使うという、原作にはない展開はよしとしても、百姓の女房の「モニカ」が武士(岡田三右衛門)の妻と同じ名で、「岩下志麻」というのがアレレ?という感じ。百姓役が似合わないとしても、座敷牢でのラストシーンは、「それはないでしょ!」と・・・。
 
 比較しては悪いけど、ロドリゴの掌にモキチからもらった手彫りのクロスがあったという、スコセッシ版のラストは、感動的だった。 ★★★★☆


 3代にわたってキリスト教に帰依していた系譜が母方にあり、棄教した吉利支丹の子孫になる私。上司であるお殿様が棄教・改宗したから、さっさとそれに倣ったのか、悩み苦しんだ末の転びだったのかは分からない。でも、ロドリゴやキチジローのように心の中にキリスト教の「愛の教え」を秘め、信じ続けたのではないかと思う。
 ちなみに国東の『ペトロ・カスイ岐部記念公園』には、「イッセー尾形」が演じた井上筑後守政重がペトロ・カスイ岐部を詮議する彫塑があります→『ペトロ・カスイ岐部と井上筑後守

沈黙 SILENCE [DVD]

沈黙 (新潮文庫)





コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

置かれた場所で咲く「カランコエ」 [☆雑記帳]

お花とか鉢植えとかいただくと
とても嬉しいものです。
 
もう一年近く前に
お花屋さんから「多肉植物」をいただいた。
育て方は、そんなに難しくないという
素敵な多肉植物の寄せ植え
 
それは、抽選によるプレゼント
寄せ植えというよりは『多肉盛り合わせ[ぴかぴか(新しい)]
というくらいなもの
多肉植物.JPG
最初は、このとおり元気いっぱいだった。でも次第にしなび始めたのて、大きめの鉢へ植え替えを試みたものの大失敗。哀れ、現在残っているのは左下の寂しげな薄緑(セダム)のみ・・・。
 
こちらも多肉植物の『カランコエ』 
お花屋さんの粗品としてもらった
 カランコエ・クイーンローズ.JPG
(一昨年に頂いて間もないころの姿)
「クィーンローズ」という華やかな名前[るんるん]
 
育て方を調べたら、花を咲かせるには「短日処理」が必要とのこと。難しそうなので、手も足も出せなかった。そのままだったのに昨年の春、花が咲いた。

現在の様子は、こちら[かわいい]
カランコエ.JPG
 つぼみを付けて、健気に春の訪れをじっと待っているみたい。
今年も花が咲きそう[るんるん]
 
置かれた場所で咲きなさい
「クィーンローズ」
を見ていると
先月、お亡くなりになった
シスター・渡辺和子さんの言葉
「置かれた場所で
咲きなさい」
のようだなと思います。
私もそうありたいと願う
希望を持ち続けて
「ていねいな生き方」を目指して・・・。

チョコっと募金 [★Love in action]

てのひらチョコ.JPG
今年もチョコっと募金
チョコレート募金2017.jpg
チョコレートが届きました
 
申込書が郵送されたので
忘れずにすみました。

柚餅〜ころころ〜 [★茶余飯后]

柚餅(ゆうもち)をお土産にいただいた
柚餅.JPG
和三盆の上品な甘さと
ほのかな柚子の香り
コーヒーもいいけど、濃い目の緑茶が合うね[るんるん]
 柚餅.jpg
柚餅〜ころころ〜
 
 パッケージの題字と装画は「富岡鉄斎」の筆によるものですって!! 鉄斎翁といえば、仙人のような御髭のおじいちゃん。「なんでも鑑定団」で何度か掛け軸が登場しているから知ってる。本物より偽物が多いらしいと記憶。
 
 箱を眺めながら、京のお菓子屋『鶴屋吉信』さんの暖簾の歴史を垣間見つつ、長崎→佐賀→小倉へと続く「長崎街道・シュガーロード」の先の「京」で生まれた甘味なのだなぁ~とちょいと感慨深くなりました。
 というのも、羊羹の『虎屋』さんが室町時代に「京都」で創業して、のちに東京に進出したというのを新聞記事で読んだばかり・・・。

にょろにょろ羊羹 [★茶余飯后]

佐賀県鹿島市、祐徳稲荷の門前商店街で買った
名物羊羹「稲荷ようかん」
 
羊羹は、賞味期限が長めなので
ゆるりんと頂いております。
 
佐賀県には有名な「小城羊羹」もあるし
きっと美味しい羊羹だと思っておりました。
  そう、予想通り
甘くて美味しい[るんるん]
稲荷ようかん.jpg
切り口のところどころに「小豆」が見え隠れ[ぴかぴか(新しい)]
 
デパート催事場の「北海道物産展」などでも売られている、「五勝手屋羊羹」とよく似てるけど
 
「稲荷ようかん」は糸が最初からでてます[るんるん]
にょろにょろ羊羹を押し出して
糸で切ってパクリ
祐徳 稲荷ようかん.JPG
さいわい、五勝手屋さんの羊羹を食べたことがあったので、にょろにょろ羊羹がうまく食べられてます。
 
親切な ~食べ方の紹介をみつけた!!~


五勝手屋羊羹 詰合せ B<北海道 函館 棒二森屋店>【お菓子 和菓子 ようかん スイーツ】【ギフト お取り寄せ お土産 御祝 内祝 お返し 出産祝い 結婚祝 手土産 贈り物 プレゼント 贈答品】
五勝手屋本舗「五勝手屋羊羹丸缶1本」


おめで鯛◎おさかな最中◎ [★茶余飯后]

 東京都庁 熊手.JPG
(東京都庁に飾られていた大熊手)
展望室に昇るときに見つけたものです
(今も飾ってるのかな?!)
 
縁起物の大熊手で
ぐわっと幸運[ぴかぴか(新しい)] をかき集めたいものです[るんるん]
 
 数年前までは「年取り魚」を食べないと
新しい歳がとれないとかで
歳の夜に母が用意した尾頭付きの
小さめの鯛の塩焼きを食べていました。
あと、「年取りごはん」といって
お赤飯も食べる(これは我が家だけかも?)[るんるん]
 
一昨日の 大晦日
お赤飯が大好きなので
例年通りに炊いて食べましたが
お魚は田作りで代用(笑)
他にもご馳走揃いぶみで
体重増が気になるお年頃でもあり
控えめに頂きました。
 
 昨晩は鯛はタイでも
「鯛のかぶと煮」(「アラ炊き」ともいう)を食べて
めでタイづくしの鯛で
これも食べておきタイ!!
 鯛最中 高橋水月堂.JPG
 白山陶器の長方皿(小)にのせてみました
 
「おめで鯛」最中 
 手前のピンクがかったタイタイが「てぼ豆の白あん」
奥のタイタイが「小豆の粒あん」

鯛最中.jpg
関あじ・関さば最中で有名な「高橋水月堂」の
鯛の形が可愛らしい
『鯛最中』
ほどよい甘さが、とっても美味しい
 
 佐賀関は、関あじ・関さばで知名度が高いけど
ブリかな 鯛かな
鯛じゃい 鯛じゃい[るんるん]
という
『関の鯛釣り唄』という民謡があるように
 昔は鯵・鯖より一本釣りの『鯛』や『鰤』の漁場として有名だったので、幼い頃に我が家の食卓に上っていた佐賀関で釣れた鯖&鯵は、「煮たり焼いたりと・・・サバは味噌煮、アジはムニエル」などに調理されておりました。今では、なかなか口に入らない超高級魚(ブランド魚)の「嘘のような本当の話」なのです。
【5000円以上送料無料】【白山陶器】【波佐見焼】【長方皿 小】【和皿】【10倍ポイント】【tomofac】【トモファク】
【今年最後の30%offクーポン配布中】白山陶器 波佐見焼 長方皿 小 16cm ※BOXなし 和食器【ja_wa】



初春 [☆雑記帳]

初春のお慶びを申し上げます
 
平穏な新しい年を迎えられたことに感謝です
今年もよろしくお願いいたします
獅子舞.jpg
「飾り獅子舞」を飾るだけでは物足りず
指人形にもなるから
手を入れて獅子舞遊び
カチカチと「カスタネット」にもなる(笑)
初春.jpg
クリスマスの買い物をしていて
ふと立ち寄ったガチャガチャで
鏡開きセット見つけ! 
目当ての「鬼ころし」酒樽が~出た[るんるん]
希望のものが一発的中ということで
年末の「運試し」は大成功だった

満を持して
新春に景気よく パッカーン
『鏡開き』 の真似事をば[るんるん]
鏡割り.jpg
あけ(開け)ましておめでとう
お正月から相変わらず「子ども」してます。
 
開運!酒樽&木升コレクション [1.酒樽A(鬼ころし/祝い熨斗(のし))・宴会セット付き](単品)

上撰金証飛騨自慢鬼ころし本醸造 1800ml 老田酒造店(岐阜)



 
 
 ところで、「鬼ころし」というお酒は、たくさんのメーカーから出ていて、正直ピンからキリまでありますね。辛口で美味しいと思っていたら、そうでもなかったりと・・・イロイロ。料理酒並みの味でがっかりして、ラベルをよく見たら「鬼ころしじゃなくてごろしという名前だったこともありました(笑)。

カステラもとめて長崎まで [★茶余飯后]

11月下旬にバスツアーで
紅葉狩りに参加
日本三大稲荷のひとつという「祐徳稲荷」
そして、多久市の「西渓公園」などへ
 
すでに最盛期の紅葉の時期が過ぎており
遅かりしの景色
祐徳稲荷 (2).jpg
 
水琴窟.jpg
 西渓公園の「水琴窟」で
庭の風景はそっちのけで、耳をすます
神秘的な水の音をもっと聞いていたかった・・・。

バスツアーでは、お馴染みの立ち寄り先のひとつに
カステラ屋さんで「お買い物タイム」があり。
今回は「異人堂(大村店)」さんへ
異人堂 五三焼.jpg
五三焼.jpg
大奮発して、「五三焼かすてら」を買いました。
卵黄五、卵白三」の割合からそう呼ぶそう
卵の黄身が多いから、濃厚で贅沢なお味[るんるん]
 
ちなみに同じく異人堂の
ふつうのカステラはこちら
(CO-OPのカタログに登場した時に買ったものです。)
長崎カステラ.jpg
 五三焼に比べると
卵白の割合が多いからか卵の匂いがしますね。
そして、「普通に美味しいカステラ」です。
 
「カステラもとめて長崎まで」連れていかれた甲斐があったという
五三焼かすてら」のお話でありました。
 
 ところで、長崎にカステラ屋さんも数々あれど、いちばんのお気に入り「カステラ屋」さんは「S軒」です。

*クリスマスのあとに*クリスマスの悲劇* [★音楽(Music)]

 クリスマスの前に庭で
クリスマス・チェリーの実
3つをみつけて
クリスマスの実.jpg
 色づくのを心待ちにしていたら
 
チェリー泥棒が現れた
どうも、犯人の正体は、ヒヨドリと思われ
「やかましい」鳴き声をあげた日に
パクついた形跡を残している。
 
薄ダイダイ色になった実を盗んでいる
クリスマスの実 (2).jpg
ひとつ減り、ふたつ減り・・・
[クリスマス]クリスマスのあとに
たった一つになった「クリスマス・チェリー」
 毒のある実というけど、ヒヨドリの好物なのかなぁ? こっちだって、せっかくの実が赤くなるのを拝みたいもの・・・ということで、台所の排水口ネットを実に被せてみることにした今日の朝。
舞い込んできた、悲しい知らせ
 
『クリスマスの悲劇』


 つい、一昨日のイブだったかな・・・街中&店舗のクリスマスBGMの話をしていて「なぜかポール・マッカートニーのワンダフル・クリスマスタイムがよくかかってて、今年はよく耳にしたなぁ。」   

 「ジョン・レノン&ヨーコの歌は、流れてなくて聴かずにすんでよかった。」とか

 「WhamのLast Christmasも、ここ最近あまり耳にしないけど、あの曲いいよね~。」 相棒も「実はオレも、キライじゃない。聞き飽きたとは思わないし、なんか好きだ。」なんてことを、話していたばかりだったったんだもの・・・。

 不審な事件性はなく、自宅で安らかにお亡くなりになったとのこと。彼にとっては幸か不幸かはわからないけれど、クリスマスが来るたびに「ジョージ・マイケル」を思い出すに違いない・・・きっといつまでも。

Last Christmas


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。