So-net無料ブログ作成

お茶の香りの『挽茶饅頭』 [★茶余飯后]

Oita空港[飛行機]で売っていたので
買って来てもらいました。
以前(といってもかなり昔)、デパートの地下でも売られていたのになぁ・・・。

派手さのない「おまんじゅう」だけど
ひそかなる逸品名菓だと、私は思います。
 挽茶まんじゅう.JPG
 ふんわりした薄皮の蒸し饅頭
この皮は、ちょっぴり「かるかん」っぽいです。
挽茶饅頭 佐伯銘菓.jpg

 「宇治の抹茶」と清らかな水にゲンジボタルが舞う番匠川の流域で育った「因尾(いんび)茶」を合わせてつくったという餡は、甘さが控えめ。
 渋味のないお茶の味と香りがとてもよい感じです。
 
新茶の季節まで、あと一カ月くらい~
新茶が出回ったら
また食べたいなぁ・・・。

コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。