So-net無料ブログ作成

雪月花 [★茶余飯后]

雪月花.jpg
雪月花
特にご年配の方への
手土産として、お遣い物としても
先様に喜ばれる、とても手堅いお菓子
雪月花.JPG
柚子を練り込んだアンコの味は、お上品な甘さ
アンコを包んでいる薄皮せんべいは
唇に張り付くことがあります(笑)
(あくまでも、わたくしの場合)
 
  柚子の絵は、落款印のとおり福田平八郎画伯の手によるもの。そして長年、達筆な題字も画伯だと思い込んでいたら、なんと!彫塑の巨匠・朝倉文夫先生[ぴかぴか(新しい)]がお書きになったものだったのです。いゃ~つい2年ほど前に知って驚きました。
 郷土の誇る 巨頭コンビの
豪華すぎる装丁[ぴかぴか(新しい)]
 柚子練を包んだ三色の薄皮は
「雪」の白色
「月」の青色
「花」の桃色
 福田平八郎画伯は、同じ市内の生まれだから、生家の場所もよく知っているし、子どもの頃から馴染みの深いお方。
 
 朝倉文夫先生といえば、真っ先に思い浮かぶのが「滝廉太郎像」、あと市内には彫塑が数基あるので、ずっと名前は知ってる程度の方でした。
 昨年の5月、はじめて「朝倉彫塑館」に足を運び、和洋折衷のアトリエ兼自宅に魅了され、趣味の広さと美的感覚に驚きました。それから、10月に「趣味人~朝倉文夫の愛蔵品展」が開催されるというので、豊後大野市朝地町にある「朝倉文夫記念館」へも行ってみました。
 長い間、朝倉先生の凄さを知らなかった自分がとっても恥ずかしいです・・・。
 
四季折々に楽しむ
 
花を愛しむこころを
大切にして日々を過ごしたい

タグ:和菓子 柚子
コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。