So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

うすきなお土産 [☆雑記帳]

うすき.jpg
城下町・(臼杵)うすきを歩くと
歴史を残す古い街並みの中に
こそっと混じって
不思議なものがあったりして・・・
うすきのほてい様.jpg
お店の前の布袋さまが「ごろりん」と
寝転んでいらしたり
ふとん.jpg
お布団屋さんの
「ふとん」の文字も横に・・・
ま、お布団は敷いて使うから
寝転んでいても変じゃないかも?!
そんなうすきの
私の定番なお土産は
鯛味噌.jpg
小手川商店の「鯛みそ」
白いご飯にのせると
ご飯が、すすみ過ぎて困ります。
生野菜や温野菜に、またお豆腐にも
鯛とお味噌の甘めな味が
とっても美味しいです。
そして、久家本店で
お酒屋さんやデパートでも
手に入りにくいお酒を
久家・いちのいで.jpg
「ほろりん にごり酒」と
ちょこっと「お猪口」も買いました。
久家本店.jpg
「HORORIN」
にごり酒の味わいと
ジュワッと口に弾ける飲み心地が
小気味よいお酒です。
「カツオのたたき」を肴に飲んでみましたが
タコのカルパッチョなんかもいいかも[るんるん]
臼杵は「醸造の街」なので
うすきなお土産は
味噌やお酒ですね、やっぱり。

「うすき時間」 [お気に入り(Freak Out!)]

臼杵でお昼ごはんを食べるのは

フンドーキン①.jpg
ここフンドーキンの「小手川商店」か
もしくは、禅寺の「星月庵」に予約をして精進料理をいただきます。
年を重ねると、新しいお店を開拓するのがちょっと億劫でもありますからねぇ・・・。
久しぶり来てみたら、お二階は団体のお客様用とのことで
ザンネンながら、お二階はNG。
二階から下の店舗が覗ける建物の雰囲気が大好きなのになぁ・・・・・。
お料理は、いつもかわらぬ「ほっこりする」美味しさ
フンドーキン.jpg
今回はけんちん汁風の「かやく」のついた
和(なごみ)ご膳を食べました。
デザートの淡雪さんは、「卵黄の味噌漬け」を作った残りの卵白を使ってるよね!って、毎度同じことを言うわたし・・・。
胡麻とうふ②.jpg
この胡麻豆腐、タレにコロンと椎茸がのっているから、どこのお店のものかは一目瞭然

タレにはフンドーキン醤油が使われてるし~
胡麻とうふ①.jpg
とろりと味わいのある美味しい胡麻とうふで
我が家の定番「胡麻とうふ」で
デパートのみならず、近頃では大型スーパーでも買えるのです。
そして
臼杵で城下町を散策してから
必ず、お茶を飲む処はここ
長屋門①.jpg
稲葉藩の武家屋敷跡にある
「茶房 長屋門」
長屋門②.jpg
長屋門.jpg
中庭をぼんやりと眺めて
ゆったりとコーヒーを飲む
「うすき時間」を楽しむのが大好きです。
「うすき時間」は日常より
ゆっくりと時間が流れていくような気がするのです。

タグ:臼杵

臼杵の福ねこちゃん [☆雑記帳]

臼杵の町に「フクちゃん」という
人懐っこいのにツンデレ系で
少々、小悪魔ちゃんが魅力な
[猫]〔三毛猫柄〕の有名にゃんこがいる。
福ちゃん①.jpg
こちらは家人が2年前に出会ったときのフクちゃん
福ちゃん②.jpg
狸寝入りをしたり、お茶目な「うらめしや」ポーズも・・・(笑)
ふくよかでなんとも愛らしい[るんるん]
そんなフクちゃんに会ってみたいということで
臼杵の城下町を散策すべく
お出かけしました。
臼杵.jpg
フクちゃん「出没地点」付近で
お昼ごはんを食べたあと
通りでフクちゃん探しをしてみたけれど
フクちゃんの姿はない・・・。
そうこうしていたら、有り難いことに
フクちゃんファンの方が
居場所を教えてくださいました。
福ちゃん2017①.jpg
箱入り娘でございます[ぴかぴか(新しい)]
熊本みかんの箱の中が
店内でのフクちゃんの居場所
そこは心地よい初夏の風が吹き抜ける
蔵に向かう「通り土間」でした。
評判どおりの可愛さにメロンメロンです。
福ちゃん2017②.jpg
みかん箱から出てきた
寝ぼけまなこのフクちゃん
ちょっとメタボなお腹をタッチしてみたら
[むかっ(怒り)]フギャー!」とすごい剣幕・・・逆鱗のボディタッチ
ちょっぴり、嫌われてしまったのでした。

薔薇と珊瑚(ローズ&コーラル) [☆雑記帳]

庭の椿は八重咲で、樹齢は40年くらい。甘い色のローズピンクの花をつける。

今までこぼれた種から芽が出ても、成長させたことがなかった。

でも、せっかく芽吹きながらも陽のあたりにくい親木の下で、懸命に自力で育っている2つの椿の苗を無残に引き抜くことをやめて、鉢植えにし育てはじめたのが一昨年の初夏のころ。

今年の春になって

その1鉢に、小さな花が咲いた。
ローズピンクとコーラルピンク.jpg
左が庭木(親木)の椿「ローズ」ピンク色[ぴかぴか(新しい)]
右が鉢植えにしたこぼれ種「コーラル」ピンク色[ぴかぴか(新しい)]
こぼれ種は、親木と同じ色になりにくいらしく
なんだか得した気分
そして、とても愛おしい

タグ: 薔薇

猫缶 [猫コレ♡にゃんにゃん]

猫缶買った

猫缶.JPGと言っても

キャットフードの猫缶ではなく

キャットフード缶.JPG










可愛らしい猫の絵のついた クッキー缶

猫缶かん.jpg
中身のクッキーのお味見は、まだだけど。正直いうと「缶かん」欲しさに、クッキーを買ってしまった~これぞ、すなわち『猫缶商法』に引っかかった・・・わたし。
色気のないクッキーの入り方が、おフランスらしいような、ないようなでありんす・・・。

タグ: 洋菓子

土鈴のおひなさま [☆雑記帳]

小さくてかわいらしい
土鈴のおひなさま.JPG
 土鈴のおひなさま

お内裏様.JPG
あれれ、お内裏様の顔が
誰かに似てる?と・・・
 
きせのん?
まん丸の土鈴だからかもしれないけど
横綱になった稀勢の里関に
なんだか似てるよう!
 
福岡国際センターの九州場所
長年、「琴ノ若」のファンで
安馬と豊真将にも肩入れしていた
そして、魁皇と千代大海を
「カド番ブラザーズと呼んだりしてた(笑)
かれこれ10年前
 真横から土俵に上がる稀勢の里の姿をみての
わたしの第一印象は
「ぎぅっ、可愛くない二十歳(はたち)」
ごめんね、きせのん。
 
きせのん似のお内裏さまと平安美人のお雛さま
もうしばらく、飾っておこう・・・。
三月場所の活躍が楽しみ[るんるん]

案内猫 [☆雑記帳]

先月、由布院のお宿に一泊した翌日
 
由布院の古刹・佛山寺に行きました。
ここを訪れるのは3回目
前回は火災で本堂を焼失したばかりの
1995年の早春だったので
なんと22年ぶりの訪問です。
 
 昨年の地震での被害からか
つっかえ棒をされた山門を見上げていたら
ニャーニャーと猫の鳴き声がしてくる
 
山門の奥から、にゃあーにゃー
「ようこそ、いらっしゃいました~」と
 佛山寺①.jpg
ゴロゴロ喉を鳴らして
熱烈歓迎[るんるん]
もう、愛くるしいやら、かわいいやら[黒ハート]
ピンクの首輪をしている飼い猫ちゃん

 佛山寺②.jpg
「ハイ、お賽銭はこちらでございますよ」とばかり
ご本堂まで、「案内猫」ちゃんに先導されました。
 
お参りをしていると
 佛山寺③.jpg
すっかりくつろいで身づくろいをはじめ
 
その後
お参りがすんだ頃合いを見図るかのように
観音堂の方向へと案内されている途中
事件が勃発
 
境内の草むらから「案内猫」の様子をうかがっていた
全体的に「案内猫」より黒っぽい
キジトラ柄のゲリラ猫が
突如、匍匐前進し「案内猫」へ攻撃態勢へ・・・
「わー、だめだめ !」と慌てて声を上げたら
気づいた「案内猫」ちゃん
寸でのところで、ゲリラ猫から身をかわし
 境内から一目散に姿を消してしまいました。
 
 この「案内猫」ちゃん、どうやら、「ご本堂」⇒ご本尊のある「観音堂」へと順路を追って寺の案内をしてくれるみたい?です。『佛山寺』に詣でる楽しみを発見[るんるん]

沈黙~掌のクロス [☆映画(Cinema)]

マーティン・スコセッシ監督の「沈黙」
Silence
映画を観てから、もう一週間ほど経つのですが
余韻というよりは、考えさせられることがいまだに多い。
チューリップ.JPG
 ネズミ男・キチジロー「窪塚洋介」は抜群に素晴らしかった。彼の出演作は「ランドリー」が一番好きだったけど、一筋縄ではいかない役どころの巧さ、「ランドリー」のテル役を軽く超えちゃった。そして、重鎮イチゾウの「笈田ヨシ」とモキチの「塚本晋也」の殉教には涙が止まらなかった。
この3人の体当たりの演技、凄かった。

パライソ(天国)に行くことをひたすら願い
懸命に生きていく
貧しい村人たちの信仰心の痛々しさ…。
本を読むよりもリアルに伝わって
涙、また涙・・・涙が溢れてしまった。

辿りついた島に何匹もの「猫」
 まるで「猫島」、これ監督の茶目っ気??ってシーンがあった。
長崎の猫は、尾曲りや短いしっぽ猫が多いのに、ずらりと揃った可愛い台湾の猫ちゃんたちを見て、つい笑っちゃった。

 篠田正浩監督の「沈黙」も観たけど、キチジローが手にした金子(銀)の気になる行方が、丸山花街辺りで遊んで使うという、原作にはない展開はよしとしても、百姓の女房の「モニカ」が武士(岡田三右衛門)の妻と同じ名で、「岩下志麻」というのがアレレ?という感じ。百姓役が似合わないとしても、座敷牢でのラストシーンは、「それはないでしょ!」と・・・。
 
 比較しては悪いけど、ロドリゴの掌にモキチからもらった手彫りのクロスがあったという、スコセッシ版のラストは、感動的だった。 ★★★★☆


 3代にわたってキリスト教に帰依していた系譜が母方にあり、棄教した吉利支丹の子孫になる私。上司であるお殿様が棄教・改宗したから、さっさとそれに倣ったのか、悩み苦しんだ末の転びだったのかは分からない。でも、ロドリゴやキチジローのように心の中にキリスト教の「愛の教え」を秘め、信じ続けたのではないかと思う。
 ちなみに国東の『ペトロ・カスイ岐部記念公園』には、「イッセー尾形」が演じた井上筑後守政重がペトロ・カスイ岐部を詮議する彫塑があります→『ペトロ・カスイ岐部と井上筑後守

沈黙 SILENCE [DVD]

沈黙 (新潮文庫)





コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

置かれた場所で咲く「カランコエ」 [☆雑記帳]

お花とか鉢植えとかいただくと
とても嬉しいものです。
 
もう一年近く前に
お花屋さんから「多肉植物」をいただいた。
育て方は、そんなに難しくないという
素敵な多肉植物の寄せ植え
 
それは、抽選によるプレゼント
寄せ植えというよりは『多肉盛り合わせ[ぴかぴか(新しい)]
というくらいなもの
多肉植物.JPG
最初は、このとおり元気いっぱいだった。でも次第にしなび始めたのて、大きめの鉢へ植え替えを試みたものの大失敗。哀れ、現在残っているのは左下の寂しげな薄緑(セダム)のみ・・・。
 
こちらも多肉植物の『カランコエ』 
お花屋さんの粗品としてもらった
 カランコエ・クイーンローズ.JPG
(一昨年に頂いて間もないころの姿)
「クィーンローズ」という華やかな名前[るんるん]
 
育て方を調べたら、花を咲かせるには「短日処理」が必要とのこと。難しそうなので、手も足も出せなかった。そのままだったのに昨年の春、花が咲いた。

現在の様子は、こちら[かわいい]
カランコエ.JPG
 つぼみを付けて、健気に春の訪れをじっと待っているみたい。
今年も花が咲きそう[るんるん]
 
置かれた場所で咲きなさい
「クィーンローズ」
を見ていると
先月、お亡くなりになった
シスター・渡辺和子さんの言葉
「置かれた場所で
咲きなさい」
のようだなと思います。
私もそうありたいと願う
希望を持ち続けて
「ていねいな生き方」を目指して・・・。

チョコっと募金 [★Love in action]

てのひらチョコ.JPG
今年もチョコっと募金
チョコレート募金2017.jpg
チョコレートが届きました
 
申込書が郵送されたので
忘れずにすみました。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。